出会い系サイトでは攻めと待ちのどちらが有利?

MENU

出会い系では攻めと待ちどっちがいい?

攻める!守る!

最近の優良出会い系サイトは出会いSNS化が進んでいて、日記、サークル、ソーシャルゲーム、あしあとなど、メールを始めるきっかけ作りも随分と多様化しましたね。

 

ただ、それでもやっぱり肝になるのは検索、掲示板、メールという3つの機能。

 

この基本機能を使ったきっかけ作りには「攻め」の戦法と「待ち」の戦法があります。

 

「攻め」とは検索(掲示板検索・プロフ検索)や掲示板で見つけた相手に、こちらからファーストメールを送る方法。「待ち」とは掲示板に募集の投稿をして、相手からのメールを待つ方法ですね。

 

それぞれのメリット・デメリット

この2つの戦法を、スピード(出会いまでにかかる早さ)、人数(出会える人数)、コスト(かかる料金)という3つの評価項目で比べてみると、こんな感じです。

 

評価項目

攻め

待ち

スピード

×

人数

×

コスト

×

 

もう少し突っ込んで解説しますね。

攻めの戦法

出会い系の攻め!

攻めの戦法は自分次第でいくらでもチャンスを作れるので、待ちに比べて圧倒的にチャンスが多い、ひいては早く出会える、より多くの人と出会える可能性が高い方法と言えます。

 

反面、待ちよりコストがかかるのがデメリット。

 

サイトによって違いますが、プロフ閲覧無料のワクワクメールで考えると、掲示板検索&投稿閲覧(10円)もしくはプロフ検索(無料)⇒メール送信(50円)。

 

1人に対するアプローチに50円〜60円かかるわけですね。プロフ閲覧が有料のサイトなら更に10円かかります。また、当然全てのメールに対して返信があるわけではありません。

待ちの戦法

出会い系の待ち!

女性の場合は待ちの戦法でも沢山の男性からファーストメールが届きますが、男性の場合はなかなかメールがもらえません。

 

もちろん掲示板投稿のタイトル・内容やプロフのデキによっても変わりますが、男性の数の方が女性の数より圧倒的に多いのが出会い系の宿命ですから、大なり小なりそんな傾向が強いのです。

 

でも、掲示板を見てメールをくれた女性はこちらに興味を持ってくれているわけです。

 

そんな女性にメールすると高確率で返信をもらえるし、その後もやり取りが続きやすいメリットがあります。

 

ですが、その中には業者冷やかしも多く混ざっています。いきなり女性からメールが来たら業者か?と警戒しても、掲示板を見てメールしましたと言われたらノーガードで信じてしまいがち。ですから、悪質なユーザー達からしてみれば好都合なんですよね。

 

というわけで男性の場合、待ちの戦法だけではチャンスが少な過ぎて、出会いまでに相当な時間がかかる傾向があるのです。そんなデメリットをカバーするには複数の優良サイトの掛け持ちが必須ですね。

 

ただ、コスト面では攻めの戦法よりも有利

 

優良出会い系サイトの場合、掲示板投稿1日1回無料が相場です。メールをくれた相手のプロフを見るにしても、ワクワクメールやハッピーメールのようにプロフ閲覧無料のところなら、コストはゼロ。待ちに徹していれば、ポイントは一切減りません。

 

優良出会い系の選び方まとめ当然、運・不運もあるので、待ち戦法でもすぐに会えてしまうラッキーパンチもありますが、ざっくり言うと、できるだけ早く、できるだけ多くの人と出会いたいなら攻め時間がかかっても、とにかくお金は使いたくないなら待ち

 

よく「男は攻めだ!」「イヤ、待ちだ!」という議論がありますが、僕は出会い系サイトの男女バランスを考えると「基本的に」男性には攻め、女性には待ちが合っていると思っています。

 

ただ「基本的に」と書いたのは、それぞれのメリット・デメリットを知った上で自分に合う方法を選べば良い、もっと言えば、本気で会いたいなら、どちらか片方だけに絞るのではなくて両方やるのが良いと思っているから。

 

ちなみに僕も攻めをメインにしながら、時々待ちもやるようにしていますよ。