出会い系 キャッシュバッカー ポイントゲッター

MENU

冷やかしの女性の正体と対策

アクティブな女子♪

出会い系サイトが本当に出会えるコミュニティとして成立するための課題は、円光や風俗業者ではない一般女性の獲得と幽霊会員ではないアクティブな女性ユーザーの育成です。

 

そこで優良出会い系サイトは女性を完全無料にし、更にキャッシュバック制度(貯めたポイントを換金できる)・マイレージ制度(ポイントを景品やWEBマネーに交換できる)等の女性限定特典を設けているんですね。

特典を悪用する女性達の正体

この制度がベストな施策かと言えば、他に何かウマいやり方はないんかのう?とは思いますが、特典そのものは別に悪ではなく、一般女性を集めるため、女性のサイト利用をうながすための1つの方法ではあります。

 

そもそも悪徳サイトはハナっからそんな努力も放棄して、バイトでサクラ部隊を結成してしまうわけですからね。実際、この制度をうまく運用して女性の積極利用につなげている優良出会い系サイトもあります。

女性には特典があります♪

ただ、その一方でオペレーションをしっかりやらないと、どうしても特典を悪用する女性達が増えてしまう欠点もあるんです。

 

キャッシュバッカ―・ポイントゲッター

特典を悪用するキャッシュバッカ―

出会いなんてそっちのけに、キャッシュバック制度で小銭を稼いでいるのがキャッシュバッカー、マイレージ制度で景品ゲットに執念を燃やしているのがポイントゲッター

 

当サイトでは彼女らを総称して「冷やかし」と呼んでいます。主に、パートに出て働きたくない、もしくは何らかの事情があって働けない在宅主婦やニート女性が多いようですね。

 

これがまた、サクラのような反応もありつつも素人の反応もありで見抜きにくく、更に、あくまで一般女性なだけにサイト側も取り締まりが難しい(←要は優良サイトにも普通にいる)という厄介な存在なんですよね。

 

冷やかしを見抜く!その特徴

キャッシュバッカーやポイントゲッターの特徴は次の通り。

 

直のやり取りをイヤがる

仲良くなったのにLINE IDの交換を拒否るのは、そもそも会う気がない可能性大です。また「会ってから交換しよ♪」というのもキャッシュバッカーお決まりの文句なのでご用心。

 

LINEを教えることより会うことの方がハードル高いのが普通の女性の感覚です。順番として、会う方が先に来るのがおかしいのです。何とかその場をしのいでメールを継続させて、会う段階でドタキャンするパターンですよ。

短文メールがやたら多い

複数の男性を相手にしながら、メッセージ数を稼ごうとしているために「うん、そうだよ♪」的な内容の薄い短文メールが続く傾向があります。そんなんじゃ僕ら男だってつまらないので、こちらから早々に切り上げましょう。

掲示板投稿頻度が高い

女性は1回の募集投稿で複数の男性からアプローチされます。で、誰かとやり取りしているうちは募集を控えるのがごく普通の感覚ですよね。でも、なりふり構わずに連投しているのは冷やかし、もしくは円光、業者の可能性大。

おしゃべり機能で話したがる

ハッピーメールのようにおしゃべり機能がある出会い系サイトでは、メールに比べて遙かにポイント還元が良いため(※ちなみにハピメの場合メールは1往復で4円、転送電話は1分20〜30円と高レート)、何とかサイト内で話そうとする女性がいます。

 

でも、僕ら男はおしゃべり機能を使うとポイント消費が激しい!ハピメでは15秒3P=30円なので1分で120円もかかります(^_^;)話すならLINEでもいいわけで、基本的に出会い系内で話そうと誘ってくる女性は相手にしない方が無難です。

H日記・H動画像を投稿

これも最近の冷やかしの主な稼ぎどころ。先程と同じくハッピーメールを例にすれば、投稿したアダルト動画が「すごく良い」評価を受けると最大で3MP=300円もらえます。

 

H日記で集客し、画像や動画を見てもらってポイントを稼ぐわけですね。普通、何の利益もないのにアダルト系の日記や動画像を投稿し続ける女性なんていません。H系の投稿をしているコは無視が正解です。

 

特に、一昔前はメールのやり取りで稼ぐのが主流でしたが、運営者がメールに付与するポイントを減らす、管理を厳しくするなどの対策を行った結果、アダルト動画像を見てもらったり、サイト内の通話機能で男性と話したりでポイントを貯めるキャッシュバッカーが増えたのが最近の傾向ですね。

 

また、ふわっとした言い方になってしまいますが、慣れてくると、これらの特徴以外にも、どうも会う気がなさそうで気持ちがこもっていない反応は感じ取れるようになって来ます。

 

鉄板の冷やかし対策とは?

ん?なんか怪しくね?

怪しい気配を察知したら、すぐにやり取りをやめるのが鉄則ですが、全ての冷やかしを完璧に見破るのは上級者でもなかなか難しいものがあります。

 

そこで有効なのが最初から1人当たりに送るメールの上限数を決めておく方法。その上限数内に必ずLINEのIDや直アド交換を持ちかけるようにして、断られたら、それ以上深入りせずにスパッとあきらめて次に行くのです。

 

万が一見抜けなくても、傷を浅くおさめるわけですね。

 

スキルにもよるので、上限数は20通あたりから始めて経験値を積みながら徐々に減らしていき、最終的には10通〜15通位まで持っていくのが良いかと思います。これで冷やかし対策は万全ですよ(^−^)