サクラのいない出会い系

MENU

出会い系のサクラを丸裸にする!

こっちのサクラならいいけど…

初めて出会い系を利用する時に必ずつきまとう「サクラに騙されるんじゃ?」という疑念。でも、優良出会い系3つのチェックポイントさえ押さえておけば、サクラのいないサイトやアプリはちゃんと選べるし、その時点で対策も必要なくなります。

 

ただ、それでもまだ不安に感じる方もいると思います。そこで、ココではサクラというお仕事(?)の実態から、詐欺サイトの詳しい見分け方まで、サクラに関する知識全般をまとめておきます。

 

これだけ知っとけば、もう恐るるに足らず!ガラケー時代からスマホ時代の今になっても、相変わらず僕らを悩ます悪の存在を丸裸にします!

 

サクラというお仕事の実態

サクラのお仕事

サクラは出会い系運営会社に雇われているアルバイトや社員。求人広告にはさすがにサクラ募集とは書けないので、PCデータ入力・メールレディ・メールオペレーターなどのふんわりした言葉が使われます。

 

これらの言葉と初心者歓迎、髪型服装自由などの表記があれば、高確率でサクラの求人。知らずに応募して、現場で初めて出会い系のサクラだと知ったものの、そのまま働く人も多いようです。

 

サクラの使命はとにかくユーザーにポイント(=お金)を使わせること。

 

ポイント制出会い系の場合、メール送信にポイントを消費します。そこで、魅惑の女性キャラになりすまして男心をくすぐりながら、できるだけ多くのメールを交換するべく立ち回るわけです。

 

サクラ=女性と思われがちですが、実は男が女性を演じていることも多く、特にアダルト色の強いサイトの場合、ほぼ全員男だったりします。

 

僕は悪徳出会い系を運営していた人の話を聞いたことがありますが、むしろ女性より、男のツボを知り尽くした男性の方が使えるそう。エロエロ光線全開で迫ってくる人妻ひとみさんの正体がバイトのお兄ちゃんだったりするわけです。

 

その実態について、かなり生々しい記事を見つけたので紹介しておきます。

 

サクラを集める求人広告の嘘

 

古い記事ですが、当サイトでも取り上げているピュアアイ(※2016年11月、ついに閉鎖!)も思いっきり名前出てますね。ただ、最近はサクラサイトが摘発される事例もあって、この記事に書かれているほどの大規模な運営は難しくなってきているようです。

 

まあ、それでも検挙されるのは氷山の一角。特に、100%サクラだけの完全ブラックサイトもあれば、一般女性もいる中に一部サクラで補強しているグレーなサイトもあり、後者は取り締まりも難しい面があるんでしょう。

 

明らかに黒なのに長年続いているところもあるし、スマホの公式アプリマーケット(App StoreGoogle Play)には、未だ続々と新しい詐欺アプリが登場しています。サクラ根絶への道のりはまだまだ遠そうです。

 

定額制にはサクラがいない?

定額制にはサクラがいないって本当かいな?

時々「ポイント制にはサクラがいて、定額制にはサクラがいない」と書いてある出会い系情報も見かけますが、実際はそう単純な図式でもありません。

 

確かに運営側にとってポイント制はサクラを使いやすいシステムではあります。でも、ワクワクメールのように、昔からサクラを使わずに真面目に運営してきた優良出会い系サイトもあります。逆に定額制でもサクラを使っているところもあるんです。

 

定額制だって女性会員を集める難しさは一緒で(←むしろポイント制大手の方が広告にお金をかけてますし…)、女性の数が少ないと感じたら、男性は退会してしまいます。

 

そこで、サクラにメールをやり取りさせて、女性が大勢いるように見せかけている悪質な定額制サイトもあるわけです。要は課金方法の問題ではなく、運営者の資質の問題ってことですね。

 

サクラ出会い系を確実に見抜くコツ

冒頭にも書いたように、本来、サクラのいない出会い系を選ぶ基準は優良出会い系3つのチェックポイントだけで事足ります。

 

でも、どうしても気になって眠れないサービスがあるなら、更に次のチェックポイントでフルイにかけて下さい。1つでも引っかかるようなら高確率でサクラサイトですよ。

 

参加する前に見抜くコツ

運営者が正体不明!

運営者の会社名や個人名をググってみて、何の情報もヒットしなければアウト。App StoreやGoogle Playで大増殖中のチャットアプリの9割以上がこれに引っかかりますね。

 

逆にサクラのいない優良出会い系なら、必ずホームページが見つかるし、そこにきちんと会社情報が掲載されています(※詳しくは安心安全な出会い系サイトとは?参照)。

アダルト色が強い!

逆援助、セフレ、人妻などの刺激の強い言葉がサイトやアプリ名に使われていたり、エッチな画像が満載だったりのアダルトビーム全開の出会い系。本物の女性は、飢えた狼ばかりが集まってくる危なっかしい場所で恋活しません!

料金が激高!

悪徳サイトは会員増やリピート客がのぞめないため、サクラの森に迷い込んできたユーザー1人当たりから短期でごっそり金を搾り取ります。なので法外に高い料金設定がお約束。

 

出会い系の料金ってどうなってる?に書いたように、特にメッセージ送信1通が70円より高いサイトは利用価値なし。今、公式アプリストアを席巻している詐欺アプリの手口は1通に200円〜250円も取るところがほとんどです。

参加してしまった後に見抜くコツ

芸能人からメールが来る

最近被害報告が多いのはAKBのメンバーや人気女優などの芸能人やその関係者を装ったサクラ。タレント本人を装う場合もあれば、マネージャーを装う場合もありますが、いずれにしても芸能界とパイプができる出会い系なんてありません!

プロフ未記入でもメールが来る

登録したらプロフィール未記入のまま、掲示板への投稿なども一切せず、とにかく1週間程度ひたすら放置してみて下さい。この放置期間中にメールが次々に届くサイトはサクラを使っている証拠。本物の女性なら、プロフに何も書いていない男に絶対メールしません。

直に移動してくれない

サイト内でメールしてお金を使わせるのがサクラのミッションなので、LINEや直メールへの移動は何とか逃れようとします。いい加減仲良くなっているのに、直への移動を頑なに拒否るのはサクラかキャッシュバック目的の冷やかしの可能性大。

 

特に「会ってから教える」はサクラの常套文句です。冷静に考えれば、サブアドやLINE IDすら教えられないほど信用できない相手に会う方がおかしいですよね…。約束当日までズルズル引っ張られて、ドタキャンされるのがオチ。

 

サクラがいない優良出会い系にも、業者冷やかしはいるので、数人ぐらいなら断言できませんが、こんな反応をする女性ばかりならブラック確定です。

 

ブラックと気付いた時の対処法

利用している出会い系がブラックだと気付いたら、即利用を中止するべきですが、安易に退会手続き(退会申請)をするのはおすすめできません

 

というのも、悪徳出会い系は退会フォームにメアド・電話番号・住所などを入力させて個人情報を取得したり、退会費用を請求したりの罠を仕掛けているケースが多いため。ヘタに退会の申請をすると個人情報が漏れて状況が悪化する可能性があります。

 

そもそも身に覚えのない請求に応じる必要も一切ないので、メールを受信拒否してシカト決め込めばOKですね。

 

また、万が一利用してしまい、後払い請求を受けた場合でも、言われるがままにお金を支払っちゃいけません。こちらが事前承認していない後払い請求に対しては、支払いの義務はありません

 

詳しくは不正請求に対する後悔しない対処法にまとめたので、思い当たる方は参照下さいませ。

 

女性向けサクラサイトが増殖中!

えっ?ジャニーズのAくんからメール?

ここまでは男性を騙すサクラについて書いてきましたが、長年騙されてきた僕ら男も最近はさすがに学習して警戒心が強くなっています。一昔前ほどやすやすと引っかからなくなりました。

 

そこで近頃は、男性に比べて出会い系慣れしていない女性をターゲットにしたサクラサイトが増加しており、女性の被害者も増えているんです。例えば、次のような報道もありましたね。

 

出会い系で女性被害15億円

 

女性を狙ったサクラは、お金持ちキャラ、イケメンキャラ、ジャニーズや韓流スターを装ったアイドルキャラなどが定番。

 

でも本物の優良サイトなら、女性は完全無料が常識です。女性の場合、メールの送受信にお金がかかるサイトには手を出さないようにすれば騙されることはありません。

 

 

まとめ結局、最初にサクラがいない出会い系を選んでしまえば、警戒しながらメールをやり取りする必要はなくなります。もちろん当サイトでご提案しているサービスについては全てサクラゼロであることを潜入捜査で確認済み。ご安心あれ!

サクラのいない出会い系を見る