優良出会い系サイト潜入捜査 - 出会えるサイト格付けチェック

MENU

出会えるサイトはありま〜す!

出会い系って本当に出会えるのけ?

コレ誰もが思う疑問ですが、答えは超シンプル。本物の男女が大勢活動している優良出会い系サイト(アプリ含む)なら出会える、サクラだらけの悪質出会い系なら出会えない…それだけの話なんです。

 

限定特典と優良出会い系ランキング


優良出会い系選びは難しくない!

悪徳出会い系の落とし穴

出会い系アプリでAKBのメンバーとメールしていたら数十万円もの請求が!的な話を耳にします。いや、僕ら男だけじゃありません。嵐のメンバーとのメッセージ交換にのめり込んでしまう女の子もいます。

 

もちろん出会い系にゃアイドルはいません。ドキドキしながら相手にしていたのは、詐欺出会い系運営者に雇われた悪のメール部隊=サクラですね。

 

完全無料と書いてあったのに、実際にはバカ高い有料サイトだった!というのも昔からお約束の手口です。

 

僕がおすすめしている優良出会い系はサクラを使ってないし、料金もリーズナブル。前もって必要なポイント(P)を購入する明朗会計な仕組みなので、後から不正請求が来て請求金額にビックリ!なんてことも絶対起こりません(※女性は無料デス)。

 

問題は出会い系というサービスそのものにあるんじゃなく、悪質なサイトやアプリが業界全体の9割以上をも占めるという異常な環境、更に嘘の情報が氾濫していることにあるんですよね。加えて、僕ら利用者側の基本知識不足にもあるかも。

 

でも優良出会い系の選び方は本来難しいもんじゃありません。悪徳出会い系には必ず、どこかに不自然なサインがありますからね。

 

優良出会い系3つのチェックポイント

出会えるサイトを見分けるコツはいくつかありますが、あまり沢山列挙しても分かりにくいと思うので、僕は初心者でも簡単に確認できるポイントを3つに絞って紹介します。これら3つのチェックポイントを全てクリアしているサービスをしっかり選ぶべーし!

 

出会い系業界大手を選ぶべし!

やっぱり大手が一番!

どんな業界でも大手の信用度は別格です。スマホならdocomo、au、softbank、自動車ならトヨタ、ホンダ、日産。同じように出会い系業界にも大手が存在します。

 

ただ、出会い系サイトの場合は売上が公開されていないので、売上高で大手か中小かの判断はできません。そこで1つの目安になるのが(累計)会員数。300万人以上なら、ひとまず合格です。2018年時点なら500万人以上は欲しいですね。

 

これも非公開のところも多いのですが、それはそもそも公表できるほどの会員数がいないからと考えていいでしょう。

出会えるサイト作りには金がかかる

出会い系アプリの怪しい勧誘

出会えるサイトを本気で作ろうとした時に、高いハードルになるのが女性会員の獲得です。

 

僕ら男は名も知れない出会い系が仕掛けた低コストのネット広告に、怪しさを感じつつも割と簡単に釣られます。特にアダルト訴求にはホント弱い。

 

でも、女性はもっと慎重です。安っぽいアダルト訴求の宣伝にはピクリとも反応しないし、聞いたこともないサービスにもなかなか参加しません。

 

とにかく安心安全重視なので、しっかり広告に投資して露出を増やし、健全な雰囲気を訴求しないと一般女性は集まらないんです。膨大なコストがかかるわけ。

 

大手出会い系の宣伝広告費は年間数億円規模と言われています。イメージモデルに知名度のあるタレントを起用したり、人気女性ファッション誌に広告を掲載したり、街頭に巨大看板を設置したり、イベントに協賛したり…。

 

更にセキュリティ・監視・サポートなど、安心安全に恋活できる環境作りにも惜しみなくお金をかけています。だからこそ女性の参加が増え、男女比が整い、マッチング率の高い優良コミュニティが出来上がるんですね。

 

一方、中小出会い系はそんな金無い⇒女性集まらない⇒野郎ばっかり⇒サクラ雇って相手させるべ!となってしまうのです。何十万人もの女性を集めるより、数人〜数十人のサクラバイトを雇った方が、ずっと安上がりですから。

 

無料の出会い系では出会えない一番の理由も、このように女性会員を確保する資金力がないところにあります。

老舗出会い系を選ぶべし!

老舗は安心!

出会い系が存続するには、継続利用する既存ユーザーの囲い込み(人気どころには繰り返し使うリピーターも沢山います)と新規ユーザーの獲得(大手には毎日1,500人以上もの新規登録があります)が絶対に必要です。

 

でも、サクラばかりで出会えない、迷惑メールが来る、そんな悪質なサイトじゃ既存ユーザーを引き止めておけないし、悪い評判がネットで拡散して、新規ユーザーも獲得できなくなります。

 

営業が行き詰まるのは時間の問題で、寿命はせいぜい1〜2年がいいところ。そこで悪質出会い系運営者は、役に立たなくなったゴミサイト閉鎖⇒別名で新サイト開設⇒閉鎖⇒開設…のように延々と詐欺行為を繰り返すのです。

長年看板を変えない老舗ブランド

実績のある老舗ブランド

出会えるサイトなら既存ユーザーは継続利用するし、口コミの評判が良いので新規ユーザーも増えます。繁盛して利益が潤沢になれば大規模な宣伝広告も打てるし、サービス面の充実も図れます。

 

会員数はどんどん増えて、成長していくわけです。

 

こうして積み上げた実績によって良いブランドイメージができあがれば、サイト名を変えることはかえってマイナスに働きますよね。

 

2000年代前半に創設されて以来、15年以上看板を変えずに生き残ってきた老舗は、大勢の既存ユーザーと新規ユーザーによって支えられてきた優良出会い系サイトである可能性が極めて高いのです(たまに例外あるけど…)。

 

最近は法律で定められた義務である『インターネット異性紹介事業の届出』をしていない、『身分証やクレジットカードでの年齢確認』もない偽物のマッチングアプリが問題視されていますが、大概1年も持たずに消えていきます。

 

長年継続している老舗ブランドは法律(出会い系サイト規制法)をしっかり守っている証でもあるのです。

出会い系の適正料金を知るべし!

出会い系の高すぎる料金

優良出会い系と悪質出会い系は料金体系を見ると、ほぼ見分けられます。中でも特に注目するべきはメール送信1通にかかる料金ですね。

 

メールは最も多く使われる基本機能だけに、その設定には運営者の本性がモロに表れるんです。

 

まず、悪質出会い系はメール送信100円以上(200円〜500円の設定が多い!)というぼったくり料金になっていて、他にもLINEなどの連絡先を含むメールに1,000円以上取るところも…。

 

こんな高額料金でやり取りしていれば、あっという間に数万円の世界ですよね。結局、既存ユーザーと新規ユーザーによる安定基盤が作れないので、蜘蛛の巣にかかった獲物1人当たりから取れるだけ搾り取るわけです。

基盤があれば良心価格で運営できる

一方、優良出会い系サイトのメール送信の料金相場は1通50円〜70円(※女性は完全無料)、連絡先を含むメッセージも通常のメール送信と同じ価格です。

 

ちなみにプロフィール閲覧は10円が相場ですが、ワクワクメールハッピーメールのように無料のところもあります。更にハピメは最近、プロフ検索からの写真閲覧までも無料化しました(←写真閲覧の相場は20円〜30円)。

 

既存ユーザーと新規ユーザーによる数百万人規模の安定基盤が出来上がっているので、1人当たりに高い料金をふっかける必要はありません。リーズナブルな料金設定で運営できるんですね。

優良出会い系の選び方総括

まとめこれら3つのチェックポイント全てをクリアできるのは、数千あると言われるネットのマッチングサービスの中でも、両手で数えるほどしかありません。あとは、その中から自分の目的や性格に合った特徴のサービスを選ぶだけ。

 

一目で「そりゃアウトでしょ〜」と分かる詐欺出会い系アプリに、まんまと騙されてしまう若葉マーク男子(←僕もその1人でした・・・)が後を絶ちませんが、ここは1つ1つ冷静にチェックするべし!

 

優良出会い系サイトでは友達・恋人探し目的から大人の出会い目的のユーザーまで、とにかく大勢の男女が活動しています。リアルの世界では考えられないぐらい、沢山の出会いのチャンスが広がっていますよ。

優良出会い系ランキング

 

そもそも出会えるサイトって何だ?

出会えるサイトってなんだべ?

ここからは「3つのチェックポイント」全てをクリアした優良出会い系サイトの中でも、更にどこが出会いやすいのかというところまで掘り下げて考えてみますね。

 

時々「会員数は多ければ多いほど出会えるんじゃい!」という情報を見かけます。確かに会員数が多い=人気がある、そして人気があるのは出会えるからこそ。

 

ですから、あながち間違いでもないのですが、会員数500万人以上の大手の中で比べてみた時には、数が多いほど出会いやすいというのは誤りです。

出会い系会員数の誤解

出会い系の幽霊会員

なぜ誤りなのかを解説する前に、まずは会員数について、ありがちな誤解を解いておきます。

 

優良出会い系の公式サイトを見ると「会員数何百万人」と書かれていますが、アレは今現在活動しているアクティブな会員の数じゃありません。

 

サービス開始から現在までの累計会員数なんです。ってことは、今はもう活動していない放置プレイの幽霊会員も大勢含まれているわけですね。

 

また、その数のカウント方法にもルールがないため、単純に登録人数だったり、電話番号認証をした人の数だったりと実は運営者によって違うとか。

 

実際にログインしてみると会員数1000万人とうたっているサービスより600万人とうたっているところの方が、検索結果の顔ぶれもフレッシュ感があり、掲示板の書き込みも多く活気があってマッチング率が高いなんてことは普通にあります。

 

なぜなら出会いやすさに強い影響を及ぼすのは累計会員数じゃなく、熱心に恋活していて誘導業者・デリ業者でも冷やかし(暇つぶしやキャッシュバッカー)でもない生きた会員の男女比だから。ココ、一番大事なポイントです。

優良出会い系も男女比は非公開

生きた会員の男女比

ですから、各サービスの生きた会員の男女比さえ分かれば、出会いやすさは高い精度で推測できます。

 

ただ、それが分かれば誰も苦労しないってやつで、この数字はどの運営者も非公開にしているんです。

 

にもかかわらず、なぜか男女比が書いてある紹介サイトを結構見かけますよね。「ココは6:4だ!5:5だ!」もっとヒドいところは「3:7」なんて書いてあったり。

 

でも現実の話をすると、男女比は7:3あれば超優良の部類。これは出会い系サイト運営に携わっていた知人から聞いた話なので、ほぼ間違いないと思います。ましてや女性の人数の方が多い出会い系なんてありません。

 

それに先程も書いたように、たとえ優良出会い系と言えども男女比を公開していません。公式サイトのどこにも書いていないはずです。

 

いや、厳密には唯一mixiグループのワイワイシーだけは累計ではなく今現在の男女の人数を公開しているんですけどね(※PC公式サイトの右上)。

 

YYCの男女比

 

男性1,943,271人:女性709,521人なので、男性73%:女性27%。およそ7:3ですね。こんな風にオープンにしているだけでも良心的ですが、この中には業者や冷やかしなどの質の悪いユーザーも含まれているわけで、やっぱり本当に生きた男女比までは分かりません。

 

なので、某有名サイト(←前に名指ししたらクレームが来たので伏せときます)のように業界有数の会員数をうたっていながら、冷やかしが多い=生きた女性会員が少ないため、実際に使ってみると意外に出会えないサイトがあるわけです。

 

※追記…YYCに表示されている会員数はある時から急に変わり、2018/2時点では男性が56万人も減り1,383,497人、女性は逆に21万人も増えて914,893人。男女比6:4に。信頼してたんですが、こーゆー操作はいかんでしょー。当然、僕の評価も落としました!

結論!出会いやすさとは?

まとめ結局は出会いやすさって、実際に使ってみた感触でしか測れないんですよね。だって、これまで書いてきたように、そもそも判断材料になる数字を運営サイドが公開していないんですから。当サイトの「出会いやすさ」もやっぱり僕の感触で評価しています。

 

ただ、現場で感じた男女バランス、冷やかしや業者の少なさ、ピュアな出会いの多さ、コミュニケーション機能の充実度などをサイト同士の優劣を考えて相対評価で採点したので、順位は実態とそうかけ離れていないはず。

 

出会えるサイトとは何ぞや?を考える時の参考になれば幸いです。

優良出会い系ランキング

 

悪徳出会い系を見抜く7つのサイン

悪徳出会い系の7つのサイン

行政が取り締まりを強化しても、出会い系詐欺はいっこうに無くなりません。ま、振り込め詐欺などもそうですが、この手の悪徳業者って監視の目をくぐり抜けるプロですから、どうしてもイタチごっこになるんですね。

 

でも悪徳出会い系サイトには必ず、どこかに危険を知らせるサインがあるもの。本来、そのサインさえ知っていれば、僕ら利用者もそう簡単に騙されることはないんです。

 

これは前半で紹介した優良出会い系の3つのチェックポイントの裏返しでもありますが、ココからは逆に出会えないサイトを排除するという視点から「悪徳出会い系を見抜く7つのサイン」をまとめておきます。

 

もし、この中の1つでも当てはまる項目があれば、どんなに表向きの宣伝が魅力的でも利用はオススメできません。

 

1.女性受けを無視している!

女性受けを無視した出会い系

公式サイトのデザインやサイト名にアダルト臭がプンプン漂っている、すぐヤレる的な宣伝をしている…こんな風に女性を無視して男性ウケだけを狙った出会い系はアウトです。

 

具体的には女性のセクシー画像が満載だったり、サイト名が「セフレなんちゃら」「人妻なんちゃら」「即会いなんちゃら」だったり…。

 

女性はそんな怪しい雰囲気、危ない雰囲気が漂っているところに登録しません。大人の出会い目的の女性だって、もっと安全そうなサービスを選びます。

 

言うまでもなく、釣られて参加してしまった男子達のメール相手はサクラですよ。その中には女性役を演じている男のサクラも大勢います。貴重なお小遣いを使って、野郎同士でメールする悲劇…。

 

デザイン・サイト名・宣伝が女性目線で好感の持てる作りになっていることは優良出会い系サイトの基本。冷静に観察すれば簡単に見抜けるはずです。

2.無料と宣伝している!

無料出会い系に飛びつくのは男子だけ!

残念ながら、僕ら男がタダで出会えるサイトなんてありません。そもそも無料に飛びつくのは男子だけです。

 

女子の場合、サービスが充実していて男性の真剣度も高い「有名な大手出会い系」も無料で利用できますからね。

 

女性にとっては、サービスがショボい、男性の質も悪い「男性無料の出会い系」を使うメリットなんてないんです。

 

だから、よほど情弱な女性以外は登録しないわけ。つまりは野郎しか参加しない…これが無料出会い系サイトじゃ出会えない根本的な理由です。

 

更に無料を売りにしている出会い系の裏には必ずお金を回収する仕組みがあります。自腹でアカ切ってる運営者なんて絶対いませんからね。特に多いトラップを挙げると次の3つ。

 

  1. 出会いに関係ない機能だけ無料、出会いに必須のメールは有料(←しかも料金高い!)
  2. 悪徳有料出会い系(←これまた料金高い!)に誘導するためのダミーサイト
  3. 広告収入目的に作られた、物理的に出会えないサイト

 

いずれにしても、本物の女性が参加しないのでサクラだらけ。加えて、適正料金なら最初から有料だよと言えばいいわけで、タダと思わせておいて罠を仕掛けるぐらいですから、適正料金じゃーありません。

 

無料というエサに飛びつくと、結局は出会えないばかりか高いお金を騙し取られるのがオチなんです。より詳しいカラクリについては無料出会い系がイケてない理由と騙しの手口にまとめてあります。

3.事業の届け出をしていない

出会い系サイト規制法は運営者にインターネット異性紹介事業の届け出を義務づけています。優良出会い系の公式サイトには次のような記載があります。

 

ハッピーメールはインターネット異性紹介事業

 

本当に出会える環境を作っているなら、ちゃんと届け出をすればいいって話で、法律をすり抜けるのはサクラしかいない、料金が高すぎるなど、やましい営業をしているからです。

 

ちなみに散々「出会い系」「恋活アプリ」と宣伝しておきながら、利用規約の禁止事項には次のように書いて逃げ道を作っているのが、届け出をしていない出会い系アプリ定番のやり口ですよ。

 

悪徳出会い系アプリの利用規約

4.年齢確認をしていない

出会い系で年齢認証が必要な理由

身分証かクレジットカードでの年齢確認も出会い系サイト規制法によって運営者に課せられた義務です。本当に出会えるサイトやアプリには必ず年齢確認があります。

 

年齢確認には18歳未満の児童の利用を防ぐ本来の目的以外にも、悪徳業者の紛れ込みを減らす効果もあります。逆に年齢確認がないノーチェックの出会い系は無法地帯。これも何かヤバいことがあるから、法律をすり抜けているんです。

 

特に画面に「18歳以上ですか?」と表示され、ただ「はい」ボタンを押すだけの偽出会い系アプリには要注意。あれは年齢確認ではありませんよ。更に詳しく知りたい方は出会い系の年齢確認って大丈夫?をご覧下さい。

5.運営者の正体がつかめない!

運営者の正体がつかめねー!

悪徳出会い系の運営会社の多くは、会社名をネットで検索しても情報がヒットせず、どんな会社なのか正体がつかめません。

 

サイト内の運営者情報に住所が書いてあっても、実際事務所に行ってみると、もぬけの殻というケースがほとんどなんです。振り込め詐欺や詐欺通販サイトの手口と一緒ですね。

 

また、運営者名が会社ではなく個人のマッチングアプリも多いのですが、これも全部アウト。

 

もちろん他のジャンルでは世の中の役に立つアプリを作っている個人も沢山いますが、こと出会い系についてはシステムだけ作っても女性を集めなきゃ機能しません。

 

先に書いた通り、女性を本気で集めるには膨大なお金がかかります。並の個人の資金力ではまず不可能と考えていいでしょう。

6.登録しただけでメールが殺到

それってサクラ…

これは登録した後の話ですね。プロフィールを作っていない段階で女性からメールが殺到するのは、完全に悪徳出会い系です。たとえ写真が激カワでも、サクラからのメッセージなので返信しちゃいけません。すぐに利用をやめるべーし!

 

ガチな優良出会い系サイトの場合は、プロフィールをちゃんと設定してからじゃないとメールをもらえません。普通の女性はプロフが空欄の男にメールしませんからね。詳しくはサクラのいない出会い系を見分ける知識を参照下さい。

7.料金が相場より高い

これも登録してから分かることも多いと思います。悪徳出会い系は料金表を見つけにくい場所に隠していて、表向きは無料とうたっているケースが多いので…。

 

先述のように、そもそも無料と宣伝している時点でおすすめできませんが、万が一登録した後に有料だと分かったら、使う前に必ず料金をチェック。メール送信1通に70円以上取る出会い系はアウトです。

悪徳出会い系のサイン総括

まとめ

悪徳出会い系は人間の心理を巧みに突いて罠を仕掛けてくるので、時にどうしても誘惑に負けそうになる場面もあるはず。そんな時は一度立ち止まって、優良出会い系3つのチェックポイント悪徳出会い系を見抜く7つのサインを思い出して下さいね。冷静に判断するべーし!

優良出会い系ランキング

 

登録する前のお役立ち記事4選



姉妹サイトのご案内

ワクワクメールの評判と評価をガチレポ!
ワクワクメールを徹底解剖!口コミの評判と僕なりの評価、そして攻略法までワクメの情報全てをまとめた渾身のレポートです!