出会い系プロフィールの書き方 - 基本スペック編

MENU

プロフィール基本スペックの書き方

プロフィールはオーディションの履歴書!

優良出会い系サイトに参加したら、まずはプロフィールを作り込みます。もちろん写真のアップロードも含めてです。

 

プロフはオーディションの履歴書のようなもの。その情報を元に一次審査が行われるので、自分の良さをしっかりアピールしないといけません。

 

プロフィールを疎かにしたままでファーストメールを送っても審査落ちするだけ。メールは空打ちに終わり、ポイントの無駄使いになります。

プロフィールはメール以上に重要?

メールを受け取った女性はメッセージを読んだ後、相手の人物像を詳しく知るために必ずプロフィールを見ます。そこで興味を引かれた男性には返信するし、イマイチならスルーします。

 

その判断材料はファーストメールの内容とプロフの内容の両方なんです。

 

と言っても、見知らぬ男から来た長文メッセージを読む女性なんて普通いないので、メールに詰め込む情報量はどうしても制限されます。ですから、メールじゃ大した内容はアピールできません。

 

メールはあくまでプロフィールを読んでもらうための「つかみ」の役割ですね。

吹き出し2

結局、アピールの大半はプロフィールに依存するわけで、返信するかどうかの判断材料としてはプロフの内容の方がより重視されます。

実際、PCマックスが行った女性会員へのアンケートによると、会ってもいいと思う男性の条件の1位は「プロフィールをしっかり書いている」ことだそうですよ。

 

プロフィール基本スペックの書き方

キャラ作っちゃえよー

でも、それほどプロフが重要視されるとなると、こんな悪魔のささやきが聞こえてきませんか?

 

「とりあえず返事もらわにゃ何も始まらないんだから、魅力的な架空キャラを演じた方が得じゃね?」

 

その気持ち、よく分かります。ただ、最終目的は会うことそのものではなく、会ってから良好な関係を築くことです。ハッタリかましてデートできても、相手が騙されたと感じて気分を害してしまっては全く意味がありませんよね。

 

そんな点を踏まえて、ワクワクメールを例に、プロフの書き方を考えて行きます。

 

ワクワクメールの基本スペック欄は「ニックネーム」と「将来の夢」以外は用意されたリストから選択する方式。で、「指定なし」を選ぶと、その項目はプロフィールに表示されない仕組みです。

吹き出し3

特にポイントになる項目だけ取り上げて解説します。

1.ニックネーム

考えるのが面倒なら、下の名前やアダ名を平仮名もしくはカタカナでOK。変に狙ったニックネームは外すと寒いし、会って恥ずかしい思いをする可能性があります。

 

もう1つ。ローマ字、もしくはローマ字&漢字のミックスは相手にとって文字入力が面倒なのでやめた方が無難ですよ。

 

2.年齢

特にアラフォー以上になると、サバ読みたくなるかもしれませんが、会って困るような嘘は厳禁。

 

実年齢を受け入れてくれる相手を選ぶ方が、結局は会ってからウマく行きます。出会い系にはオジサマ大好きな若い女性も沢山いますから。

 

また、賛否は別として、最近は懐に余裕のあるオジサマにはパパになる選択肢もあります。ただし、パパ活は援助交際とは違うので注意ですけどね(詳しくはパパ活サイト&アプリ人気ランキング参照)。

 

それでもどうしてもサバ読みたい方は、よほど見た目が若い方は別として、普通はせいぜい実年齢マイナス2〜3歳が限度でしょう。

 

3.身長

見た目である程度分かる項目ですが、160cmと180cmの違いは明らかでも、170cmと175cmの違いをはっきり分かる人は少ないはず。

 

それにココでギャップがあったからと言って激怒りする女性は少ないでしょう。10cm以内の盛りなら、男の見栄として許される範囲かと。

 

4.スタイル(体型)

「やや細身」「普通」「がっちり」などをリストから選択する方式。数字ではなく、あくまで感覚の表現なので、実物より甘めでOKです。

 

実物が「ぽっちゃり」なら、甘めに「ややぽちゃ」や「がっちり」にしておけばいいと思います。

 

5.職種(職業)

医師をやっておりまして…

「学生」「役員・事業経営」「公務員」「サービス業」などなど、リストの中から選択する方式。注目される項目ですが、ココもすぐバレる大ボラは厳禁です。

 

例えば、社長、TV局プロデューサー、医師などのキャラを演じれば、釣られる女性もいるかもしれません。でも、会って素性がバレたら終わり。

 

怒って帰ってしまう女性がほとんどかと。

 

ただし「フリーター」の場合は「会社員」にでもしておくのが無難です。

 

実は僕もかつてフリーターだった時期があり、それを正直にさらした途端にメールがパッタリ来なくなったショッパい経験があります。悔しいけれど、そこは嘘も方便ということで(^_^;)

 

6.年収

リストから選択する方式。見た目でモロバレする項目ではないので、多少なら盛ってよろしいかと。生活レベルとかけ離れた設定はNGですけどね。

 

出会い系アプリの場合、年収の重要度は婚活アプリより遙かに低いし、リストの刻み幅も「300万〜600万円」の次は「600万〜1000万円」とかなり幅広くなってます。婚活アプリは大概200万円刻みですけどね。

 

そんなこんなで職業欄のフリーターのケースと同様、年収100万以下の場合は嘘も方便。正直にさらす必要ありません。300万〜600万円にでもしておきましょう。

 

どうしても嘘がイヤなら「指定なし」でもいけます。実際、僕もそうしていた時期がありますが、普通に会えてましたから。

 

もちろん、高収入の人はここでしっかりアピールしておくべし。

 

7.学歴

高校卒、短大・専門学校卒、大学卒、大学院卒、その他から選択。基本的に正直に書いとけばOKです。

 

ただし「その他」を選ぶと、逆に「何だろう?」と詮索したくなるもの。書きたくなければ「指定なし」にしておいた方がいいですよ。

 

8.交際ステータス

「独身」なら何の問題もないし「バツあり」も今は抵抗ない相手の方が多い時代かと。迷うのはそれ以外の場合ですね。

 

パートナーがいる交際ステータスでも利用規約違反にならずに活動できるのが、婚活アプリと違う出会い系ならではの特徴でもあります。でも、交際中・既婚・別居を正直にさらすかどうか。

 

相手を探す側の立場としては、やはり正直に表示して欲しいですよね。女性だけじゃなく僕らだって、フリーの相手を探していたのに、後で既婚と分かったら「マジか!騙された!」ってなりますし。

 

綺麗事と言われるかもしれませんが、マッチング率は下がっても、正直にさらして受け入れてくれる相手を選んだ方がいいと個人的には思います。

 

それでも独身ということにして会いたいなら、あとは自己責任の世界になっちゃいます(^_^;)

 

嘘をつきたくない、でもプロフには表示させたくないという場合は、やはり「指定なし」を選んでおいて、聞かれたら正直に答えるのがいいのではないかと。

 

9.会うまでの希望

まずは会いたい・気が合えば会いたい・交流を深めてから会いたいの中から選択。一般女性と会いたければ「気が合えば」か「交流を深めてから」にしておくべし!

 

「まずは会いたい」は、本音ではそう思っていてもNG。一般女性に評判悪いです。それでも返信してくるのは業者・援助交際目的・キャッシュバッカーの類がほとんどですよ。

 

10.希望のタイプ

「好みの年齢」は本当の好みより幅広く設定し「好みのスタイル」は「特になし」にしておくのがオススメ。

 

この設定をあまりに狭めてしまうと、女性から印象が良くないし、メールの返信率も下がります。幅広く受け入れる度量を見せておくべし!

プロフの書き方 - 一口コメント編