MENU

出会い系は恋愛ゲームじゃない

出逢い系は恋愛ゲームじゃないから!

ネット出会いに挑む前に大切なことを確認します。それは「サイトでやり取りする相手も人間であり、どんなに優良な出会い系サイトを使っても、相手に気に入られなければ出会えない」ということです。

 

「そんなの当たり前だんべ!」と怒られそうですが、ネットだと相手の顔を見ずにメールで会話できるために、つい恋愛ゲームの二次元キャラでも相手にしているかのような錯覚に陥る男子も多いのです。

 

 

出会い系でもマナーと努力は大事!

最低限のマナーは守って!

そもそも出会い系サイトは男性よりも女性の数の方が遥かに多いコミュニティです。時々、男女比5:5だの4:6だのと書いてある情報も見かけますが、あれはガセ。実は7:3あれば超優良と言えるのが出会い系なんです(詳しくは出会えるサイトって何だ?参照)。

 

つまり、女性が圧倒的に有利なこのコミュニティの中で、僕ら男が上から目線でアプローチしていては、出会うことはかなり難しいってこと。

 

例えば、女性に対してファーストメールでいきなり「LINEのID教えて」だとか「今から会えません?」なんて言ったりすれば、断られて当然。相手にしてくれるのは、円光や風俗業者だけです。

 

合コンで今会ったばかりの初対面のコにかける第一声が「電話番号教えて」だったら、普通は女性陣に大ヒンシュクですよね。そんな風に女性を軽く見た言動では好かれません。いや、ディーン・フジオカさん級の超絶イケメンならOKもらえそうですが…モテる男ほど、余計にマナー違反しない気もします(^_^;)

 

また、メールのやり取りを始めたけれど、話すネタがない、いっこうに会話が盛り上がらないでは、やっぱり出会えません。女の子が好きそうな話題の2つ3つは日頃から意識して押さえておく位の努力は必要なんですね。

 

ネット出会いの長所・短所を知る

出会い系はいつでもどこでも活動できる

あとはネット出会いの性格を把握しておくことも、上手な利用につながります。まず、リアル出会いのナンパ・合コン・お見合いパーティー等にはない出会い系の長所って何でしょうか。

 

やっぱり「時間や場所に縛られず、食事中だろうが自宅だろうが、いつでもどこでも恋活できる」「見た目よりも内面で勝負しやすい」「不特定多数の異性と気軽にやり取りできる」という3点が特に大きなメリットだと思います。

 

逆に短所は「相手が見えないだけに本性が見えにくい(実際に会ってみると、見た目や性格がイメージと異なる可能性がある)」ことですね(←ただし、これは会うまでにコミュニケーションをしっかり取ることで、ある程度解決できます)。

 

ここで一番言いたかったのは、出会い系サイトは、よく見かける宣伝文句のような「参加すれば、あとは何も努力しなくても次から次へと出会い放大!」なんていう魔法のツールではないってこと。

 

でも、こうした性格をちゃんと踏まえた上で活動すれば、リアルナンパはもちろん、合コン・お見合いパーティーなんかより遙かにチャンスが多いし、デートにいたるまでのハードルが低いのが出会い系サイトなんです。

 

まとめネット出会いの本質を間違えてとらえていると、せっかく出会えるサイトを選んだにもかかわらず、結局は相手に選ばれず、マッチングが成立しないなんてことになりかねません。難しいことは1つもないはずですが、浮ついた宣伝に惑わされないように注意したいものです。