出会い系からLINEや直メへ移行するタイミング

MENU

直に移行する際のセオリー

お願い!LINEか直アド教えて!

ポイント制の優良出会い系はリーズナブルな料金設定とはいえ有料ですから、やっぱりタイミングを見てLINEや直メールへ移行するのが理想です。

 

無料になるだけではなく、いちいちサイトやアプリにログインする必要もなくなるので、コミュニケーションもスムーズになります。

 

それに、優良出会い系にも冷やかしなどの悪質ユーザーはいるので、LINEや直アドの交換を持ちかけた時の反応で、それを見抜くこともできます。

 

ただ、直の連絡先を交換する時の攻略法は人それぞれ。特にそのタイミングには諸説ありますが、僕の場合はメールを5回送信した辺りから意識し始めます。

 

もちろんメールスキルによっても、相手が積極的な性格か慎重な性格か等によっても違うので、男女の機微の読みも必要ですが、僕の経験上、コレくらいやり取りすれば、ある程度打ち解けてOKが出やすいと感じています。

 

どうやって切り出す?

直アド交換お願いします!

まず、会話の流れをぶった切って突如「ライン交換を・・・」なんて言うのも野暮なので…

 

必ず今やり取りしている話題が一段落したところで「良かったらLINEしません?」のように切り出すよう気を付けています。

 

「ポイントがなくなりそうだから」という切り出しをすすめている攻略情報も見かけますが、既にこちらに対してかなり良い印象を持っているコならOKしてくれるでしょう。

 

でも女性に聞いてみると、なんかケチ臭いと感じる子も多いので、今までのやり取りの反応を見て相手次第で使うようにした方がいいと思います。

 

また、スマートで成功率が高いのが、先ほどの切り出しに続けて「僕のLINE(or アドレス)は△△△です。連絡もらえると嬉しいです!」と自分のLINE IDや直アドを一緒に送ってしまう方法。

 

やっぱり男性から先にが基本マナーですよ。

 

当然失敗することもある!

音信不通

むろん毎回成功するわけではなく、LINE交換を持ちかけた後に音信不通になることもあります。でも僕の場合、それはそれで納得するようにしています。

 

というのも、相手もこちら側を気になっているなら、LINEやサブアド(yahooやgmailのように複数アカウント作れる捨てアド)くらい教えてくれるもの。

 

それが無理となると、最初から会う気が無い冷やかしの可能性もあるからです。

 

それなら、早々に切り上げて、その分のメールコストを他の女性に投じた方が賢い選択だと思うのです。合わせてこちらの記事にも書いたように、1人にかける上限メール数を決めておくことも大事ですよ。

 

LINEへ移行するタイミングまとめ出会い系をスマホで利用するようになった今では直メよりLINEへ移行するケースのほうが圧倒的に多く、この傾向は今後もますます進むはず。しかも直メの場合は別で電番を聞き出さないといけませんが、LINEなら無料通話もできてしまうので一石二鳥です。

 

僕の周りには頑なに「オレはLINEやらん!」という人もいるんですが、出会い系やるならLINEは必須。と言うより、出会い系に限らず、リアルの世界でも女の子とコミュニケーションを深めるためのマストアイテムですよ。

 

今どき「LINE?ごめん!やったことない…」は、ちょっと厳しいかも。スムーズに恋活するためにも、普段から使い慣れておきたいものですね。