出会い系で成功率の高いアポの取り方 - タイミングと方法

MENU

アポ取りのタイミングと方法

出会い系サイトからのアポ取りのタイミング

出会い系サイト経由のやり取りからLINEや直メールに移行できたということは、ある程度の信頼や好感を得たということ。ライバル集団から一歩抜け出した状態ですから、実際に会える確率は一気に上がります。

 

もうメッセージ交換も無料ですから、デートの約束=アポイント(アポ)取りに向けて、変にあせらず、しっかりコミュニケーションを深めるべし!(※参考:セカンドメール以降の書き方と考え方)。

 

アポ取りのタイミング

出会い系でライバルにさらわれる図

長期戦で仲良くなるのもナシとは言いませんが、2カ月も3カ月もだらだらメールを続けていると、相手のテンションを維持するのが難しくなってきます。それに、その間に他の男子がアプローチを仕掛けて横からさらって行ってしまうリスクも…。

 

もちろん相手の性格にもよりますが、基本的にはやり取りを始めてから1週間〜2週間を目安に勝負をかけると成功率が高い気がしています。鉄は熱いうちにってヤツですね。

 

ただし、ガッつく男は嫌われることが多いので注意。はやる気持ちも分かりますが、ここは余裕を見せつつ、心の中でしたたかにタイミングを推し量っていくスタンスが良いですね。これまでの苦労が水の泡にならないように気を付けたいものです。

 

出会い系からのアポ取りのコツ

アポ取りの方法

まず、アポ取りまでに相手の趣味や嗜好をしっかり探っておくことが大事。特に、メールをやり取りする中で「見たい、食べたい、行きたい」などの願望発言を引き出せればシメたもの。それが後に威力を発揮します。

 

アポ取りの方法ですが、既にすっかり仲良くなって心を許し合っているなら、どんな誘い方でも成功します。「今度食事でも」的なざっくりした誘い方でもOK。

 

でも、実際にはメールだけでそこまで打ち解けた関係に持って行けることは稀で、女性側も「この人なら会ってもいいかな」程度の状態が多いものです。

 

そんな時、より成功率を高めるためには相手が興味があるイベントに誘うのが一番。そこで使えるのが・・・「前に●●さんが好きだ(見たい、食べたい、行きたい)って言ってた△△に行ってみない?」という定型文句です。

 

例えば食事だったら「●●さん、パスタ好きだって言ってたけど、めちゃめちゃウマい店見つけたんですよ。今度行ってみませんか?」、映画だったら「前に●●さんが観たいって言ってた△△始まったね。来週、観に行かない?」という具合ですね。

 

また、いきなり夜イベントに誘うのもアリですが、まずはランチなどの昼イベントに誘った方が女性の警戒心も緩んで、成功率は高くなります。

 

そのまま飲みなどの夜イベントにつなげれば御の字、無理なら改めて別の日でもOKくらいの余裕で誘うのが良いと思います。