出会い系で成功率の高いアポの取り方 - タイミングと方法

MENU

アポ取りのタイミングと方法

出会い系サイトからのアポ取りのタイミング

出会い系サイト経由のやり取りからLINEや直メールに移行できたのは、ある程度の信頼や好感を得たということ。ライバル集団から一歩抜け出した状態ですから、出会える確率は一気に上がります。

 

もうメッセージ交換も無料なので、デートの約束=アポイント(アポ)取りに向けて、変にあせらず、しっかりコミュニケーションを深めるべし!

 

参考:セカンドメール以降の書き方と考え方

 

成功率が高いアポ取りのタイミング

出会い系でライバルにさらわれる図

長期戦で仲良くなるケースもないとは言いません。でも1カ月以上もメールを続けていたら、女性のテンションを維持するのがかなり難しくなってきます。

 

それに女性には複数の男性がアプローチしているのが常。ライバルにさらわれてしまうリスクも高い!

 

と言っても、焦ってガッつく男も嫌われるので注意。はやる気持ちも分かりますが、ここは大人の男の余裕を見せつつ、心の中でしたたかにタイミングを推し量っていくスタンスがよろしいかと。

 

もちろん相手の性格やメールのスキルにもよりますが、経験上、やり取りを始めてから1週間〜2週間を目安に勝負をかけると成功率が高い気がしています。

吹き出し3

これまでの苦労が水の泡にならないよう、早すぎず、遅すぎずが大事です。

アポ取りのコツと誘い方

アポ取りの方法

アポ取りは既にかなり打ち解けた関係なら、どんな誘い方でも成功します。「よかったら今度食事でも」とストレートな誘い方で全然OKです。

 

でも、実際にはそこまでの関係に持って行けるケースばかりじゃありません。女性側も「どうしようかなー、ビミョー」程度の状態が多いものです。

 

どうも手応えが感じられない時やイマイチ相手の気持ちが分からない時、成功率を高める方法の1つが相手が興味あるイベントに誘うこと。イベントの魅力で背中を押すイメージですね。

 

そのためにはアポ取りまでに相手の趣味や嗜好をしっかり探っておくことが大事です。

 

特にメッセージをやり取りしていて「見たい、食べたい、行きたい」などの願望発言が出たらチャンス。誘う時のネタとして威力を発揮します。

 

そこで使えるのが「●●さんが好きだ(見たい、食べたい、行きたい)って言ってた△△に行ってみない?」という定型文句です。

 

例えば食事なら「●●さん、パスタ好きだって言ってたけど、めちゃめちゃウマい店見つけたんですよ。今度行ってみませんか?」、映画なら「前に●●さんが観たいって言ってた△△始まったね。来週、観に行かない?」という具合ですね。

吹き出し1

ま、イベントと言っても、よほど意気投合した共通の趣味でもない限り、食事が無難ですけどね。僕も初めて会う時は99%食事デートです。

また、夜イベントに誘うのもアリですが、ランチなどの昼イベントに誘った方が女性の警戒心も緩んで、成功率は高くなります。

 

そのまま飲みやカラオケなどの夜イベントにつなげることができれば御の字、無理なら改めて別の日でOKくらいの余裕で誘うのが良いと思います。