ワクワクメールで損しない決済方法を徹底考察!

MENU

ワクワクメールの決済方法考察

ワクワクメールの決済方法

ワクワクメールでポイント購入をする時に選べる決済方法は主にWEB版のクレジット決済・銀行振込・コンビニ入金・電子マネーとアプリ版決済の5つがあります。

 

ただ、オマケでもらえるサービスポイント(S)は、購入金額によっても、選ぶ決済方法によってもかなり違います。

 

ここではメリットが大きくなる購入金額、最も得する支払い方法など、ワクワクメールで賢く決済する方法を徹底考察していきます。

基本のクレジット決済考察

まずは最も利用者が多いであろうクレジット決済の料金から、ワクワクメールのサービスポイントの特徴と、その特徴を生かす購入方法を考えてみます(単位は1S=10円)。

 

■クレカ決済料金(2019年5月時点)

購入金額

サービス

実質金額

1000円

30S

1,300円分

2000円

60S

2,600円分

3000円

100S

4,000円分

5000円

200S

7,000円分

10000円

500S

15,000円分

20000円

1000S

30,000円分

30000円

1500S

45,000円分

40000円

2000S

60,000円分

50000円

3200S

82,000円分

 

まず、他の多くの優良出会い系サイトに比べると、ワクワクメールのポイント上乗せサービスはめちゃめちゃ良心的。

 

例えば、PCMAXのクレジット決済は5000円で実質5500円分(ワクメより1500円分少ない)、10000円で実質12000円分(ワクメより3000円分少ない)。

吹き出し3

かなりの差がありますね。ワクワクメールはそれだけ、お金を使う必要がないってことです。

また、額だけを見るといくらの購入からメリットが大きくなるのか分かりにくいと思います。そこで購入金額に対して、実質もらえるポイントの増量倍率を見てみます。

 

購入金額 増量倍率
1000円 1.3倍
2000円 1.3倍
3000円 1.33倍
5000円 1.4倍
10000円 1.5倍
20000円 1.5倍
30000円 1.5倍
40000円 1.5倍
50000円 1.64倍

 

3000円から倍率が上がるので、2000円購入なら3000円まで少しムリした方がお得です。もっと言えば、5000円や10000円の購入も視野に入れる価値がありますね。

 

でも、10000円〜40000円までは倍率が一緒なので、あえてムリする必要はありません。10000円を4回購入しても、40000円を1回で購入しても、もらえるサービスポイント量は一緒ですから。

 

ただ、50000円でまた一気に跳ね上がるので、お財布に余裕のある方は検討してみるのも1つ…という感じでしょうか。

 

クレジット決済のメリットは、自宅にいながら24時間いつでもすぐにポイントを追加できること。また、1回購入すると2回目以降はただ金額を選ぶだけの簡単手続きで済む点も楽ですね。

 

とにかく便利なので、僕もクレジット決済を利用してます。

 

ちなみに、クレジットカードで決済したら利用明細に「ワクワクメール」と記載されて困るべ…と心配される方もいるかもしれませんが大丈夫。明細にはクレジットカード代行サービス名が表記されます。

 

VISAの場合は代行サービス「Cクレジット」を通していて請求書名は「Cチェック」、その他は代行サービス「コレット」を通していて請求名は「colet 0570-07-5010」もしくは「colet 03 6830 7171」と表記されます。

 

他の決済方法と徹底比較!

では、クレジット決済と他の決済方法を比べてみます。

 

サービスポイントを金額換算した時(※1S=10円)、クレジット決済に対して他の決済方法がいくら分マイナスになるのかを表にしてみました。

 

■クレカ決済との比較(2019年5月時点)

購入金額

銀行振込

JNB
ゆうちょ

コンビニ
電子マネー

1000円

-200円

-300円

-300円

2000円

-300円

-500円

-500円

3000円

0

-300円

-800円

5000円

0

-500円

-1500円

10000円

0

-1000円

-3500円

20000円

0

-2000円

-5000円

30000円

0

-3000円

-5000円

40000円

0

-4000円

購入不可

50000円

0

-5000円

購入不可

手数料

各銀行の規定による手数料負担

各銀行の規定による手数料負担

3000円未満のコンビニ入金の場合のみ決済手数料200円負担

 

このように、クレジットカード決済よりサービスポイントがかなり減ります。加えて手数料がかかるため、実際のマイナスは更に大きくなります。

吹き出し2

やっぱり、ポイントを購入するならクレジットカード決済が最強ですね。

それぞれの決済方法について、もう少し突っ込んで解説します。

 

銀行振込

3000円以上の購入なら、クレジットカード決済と同じ量のサービスポイントがつきます。

 

と言っても、各銀行で決められた振込手数料がかかる分、結局、クレカ決済よりマイナスになりますね。

 

更に、ネットバンキングを使っている方を除くと、銀行窓口やATMまで足を運ばないといけないのもデメリットです。

 

あとはポイント反映までに少し時間がかかるのもデメリットでしょうか。特に15時以降の振込だと翌営業日の追加になってしまいます。

 

クレジットカードをお持ちじゃない場合は、銀行振込がオススメです。

 

ジャパンネットバンク・ゆうちょ振込

実は銀行振込よりもサービスポイントが少ないので、オススメしません。

 

他に振込手数料分がマイナスになる点、ジャパンネットバンク・ゆうちょ銀行ダイレクトはネット経由ですが、ゆうちょ窓口・ATMを利用の場合はやはり足を運ばなければならない点もデメリット。

 

ポイント反映までの時間もクレジットカード決済よりかかります。

 

コンビニ入金・電子マネー

ともにコンビニで利用することになりますが、ご覧のようにかなり割高。更にコンビニに出向かなければいけないことやポイント反映に時間がかかることを考えると、おすすめできません。

 

アプリ版決済も割高なので注意

他の優良出会い系サイトと同様、ワクワクメールにもここまで見てきたWEB版の決済の他にアプリ版の決済があります。

 

WEB版とアプリ版どっちを使うべき?に書いたように、僕はWEB版の利用を断然おすすめしてますが、それはポイント購入の際にも当てはまります。

 

アプリ版を使っていて、そのままApple ID決済やGoogleウォレットでポイントを購入してしまうユーザーも多そうですが、実はAppleやGoogleへのマージンがある分、サービスポイントが少なくなっています。

 

購入金額 クレジット決済との差
2000円 −530円
3000円 −510円
5000円 −950円

 

WEB版のクレジット決済と同じく24時間いつでも即ポイント追加できる点だけはメリットですが、割高なのでおすすめしません。

 

ワクワクメール決済方法考察まとめ

 

ワクワクメールの決済方法まとめワクワクメールの主な決済方法のうち、断然お手軽でお得なのがクレジットカード決済。カードをお持ちなら迷うことなくクレカ決済一択です。カードをお持ちじゃない方の選択肢としては銀行振込ですね。それ以外はかなり割高になってしまうのでオススメしません。