ワクワクDBで出会いを効率化する正しい使い方まとめ

MENU

ワクワクDBの正しい使い方

ワクワクDBの正しい使い方

ワクワクメールで恋活してる皆様、ワクワクDB(データベース)使ってますか?

 

「そんなん初めて聞いたべな」という方もいると思うので、この記事ではワクワクDBはどんなサービスか、そして、その正しい使い方をまとめておきます。

 

ワクワクDBは2011年に始まった会員の情報共有サイトです。と言っても、ワクワクメールとは関係のない謎の管理人さんによって運営されている、言わば裏サイトですね。

 

使い方は簡単。まず、利用するにはワクワクDBに登録する必要があります。難しいところは何もないので詳細は省きますが…

 

  1. ワクワクDBにアクセスする
  2. 新規ユーザー登録を押す
  3. 必要事項を入力
  4. 確認ボタンを押す
  5. Emaiアドレスに確認メールが届く
  6. 確認メール内のリンクをクリック

 

以上で登録完了です。2分もあれば充分終わると思います。それでは、早速検索してみましょうか!

 

ワクワクメールWEB版で(←アプリ版ではURLを取得できません)、気になる異性のプロフィールを開いたら、そのページのURLをコピーします。

 

ココをコピー

 

あとはワクワクDBにログインして「新ID検索」を開き、入力欄に先ほどコピーしたURLを貼り付けて検索ボタンを押すだけ。

 

貼り付けて検索

 

もし、その会員のデータが投稿(=登録)されていれば、例えばこんな風に「この人業者だよー」だったり…

 

ワクワクDBの情報1

 

「こやつ美人局だから注意せいよー」だったりのタレコミ情報が表示されます。

 

ワクワクDBの情報1

 

もし口コミが1件も投稿されていない場合は「データが存在しません」と表示されます。

 

例としては簡潔に書かれた情報を取り上げましたが、実際にはもっと詳しくリアルなコメントを書いてくれている人もいますよ。

 

こんな風に、ワクワクメールで気になる相手を見つけたら、アプローチする前にワクワクDBで検索すると、その人の評判が分かる可能性があるんです。

 

特に業者判定(業者・セミプロ・素人・メンヘラ・美人局・やり逃げ・CB)とコメント欄は重宝ですね。地雷も避けられるし、無駄にファーストメールを送ってポイントを浪費するのも回避できます。

 

優良出会い系サイトは数あれど、実はこのようなデータベースが存在するのはワクワクメールだけ。ワクメとともに大手3強と言われているハッピーメールPCMAXにもありません。

 

ワクワクメールで恋活するなら、知らないと損ですよ。僕も何度も助けられています。

ただし自分の情報も登録するべし!

ただ、ワクワクDBは一方的にデータを見るだけではなく、会員同士のギブ&テイクで成り立っているサービスです。

 

検索だけをセコセコやってると「検索件数に対して登録件数が少ないから情報を登録してね」という趣旨の警告文が表示され、それでも続けていると、次のようにコメント欄にマスクがかかってしまいます。

 

ワクワクDBの検索上限回数をオーバー

 

肝心な部分が見えませんね。マスクは自分が持っている情報を5件以上投稿すると解除され、その後は無制限に閲覧できるようになります。

 

でも、ワクワクメールを始めたばかりの方は「投稿したくても情報ないだろ」と思うかもしれません。

 

そんな時は「会っていない」情報もアリ。ただし嘘は良くないので、ちゃんとコメント欄になぜ業者だと判断したのか、相手の動きなどを正直に書けば、それはそれで役に立つ情報になりますよ。

 

嘘もあるので判断は総合的に!

ただーし!ワクワクDBに登録されるデータの信憑性はメンバー達の良心にかかっているので、嘘の情報を書こうと思えば書けてしまいます。

 

例えば、本当に自分好みの子と出会えたら、普通はみんなに教えたくありませんよね。そんな時、投稿しないという選択肢は僕もいいと思うのですが、中には他の会員にアプローチさせないために、嘘の情報、要は悪い評価を書く人もいるんです。

 

あるいは業者が自作自演で、自分の良い評価を書き込むケースもあります。

 

ですから、ワクワクDBのデータを何でもかんでも鵜呑みにするのではなく、プロフィールやメッセージの内容も踏まえて総合的に判断するのが正しい使い方です。

 

ただ1つ言えるのは、1人の投稿だけでは信頼性に乏しいものの、常連業者の場合は多くのメンバー達から書き込みがあるので、真実である可能性はかなり高いってこと。素直に避けた方がよろしいかと。

 

また、先程も書いたように、いいパートナーは独占したいと思うのが普通なので、お宝情報は滅多にありません。そのため男性の場合は業者、女性の場合はヤリ目などを回避するために使うのが正解と言えますね。

ワクワクDBの使い方まとめ

まとめワクワクDBは、ワクワクメールで効率的に出会うための便利なサポートツールです。ただしデータの過信は禁物。相手とどう接するかは総合的に判断することが大事です。業者をズバリ見抜く方法も合わせると、より防御力はアップしますよ。