神待ち掲示板・神待ちアプリの罠!絶対手を出しちゃダメ!

MENU

神待ちサイト・アプリの重大な危険性

神待ちとは?

神待ちとは家出中の少女が神(=寝泊まりする場所や食事を提供してくれたり、お金をくれたりする男性)を待つこと。

 

もう少し正確に言うと、そんな男性をネット媒体などで募集する活動のことです。

 

神待ち少女は10代の女子中高生らを中心に事実として存在し、元々は何の見返りも求めない男性を神と言っていたそうです(参考:神待ち少女の実態 - 新刊JPニュース)。

 

でも、現在では見返りとして性交渉アリというのが、恐らく多くの男性が持っているイメージではないでしょうか。今、ネット上には、この神待ちという言葉で集客している出会い系サイト・アプリや掲示板が結構な数存在します。

 

神待ちには絶対に手を出すな!

ちょっと待った!

甘い期待を抱いて、このページに来てくださった方には申し訳ないのですが、僕は「神待ち」というキーワードをサービス名や宣伝文句に使っているところには決して手を出さないよう警鐘を鳴らしておきます。

 

というのも、神待ちの世界はとんでもないデンジャラスゾーンだからです。

 

その危険性は主に「サクラに騙されてお金を取られる危険性」と「犯罪に巻き込まれる危険性」の2つ。

 

1.サクラに騙されてお金を取られる危険性

神待ちという言葉で釣っておいて登録させるサイトやアプリのほとんどは、サクラしかいない悪徳出会い系であり、そもそも物理的に出会えません。

 

特に注意しなければいけないのがスマホアプリですね。神待ちなんちゃらという名のアプリが、Android公式マーケットGoogle Playに普通に掲載されています(^_^;)

 

表向きは「無料」を装っていても、実は法外な料金設定の極悪有料サイト。もしくは、その出会い系自体は本当に無料でも、巧みに極悪有料サイトに誘導する。

 

このように結局はサクラに騙される、しかも優良出会い系の何倍ものお金を取られる仕組みになっているんです。詳しくは無料出会い系がイケてない理由で詳しく語っているので参照下さいませ。

2.犯罪に巻き込まれる危険性

そもそも神待ち掲示板、神待ちサイト、神待ちアプリとうたっているところは、全てインターネット異性紹介事業ではない=非出会い系サービスです。

 

それらは結局、1に書いたようにサクラしかいないというのが大半なんですが、万が一でも本物の家出少女が活動しているところがあったとします。

 

でも、非出会い系で異性との出会いを探す危険性は、非出会い系アプリでは恋活するな!にこってり書いた通り。

 

年齢確認のないサイトやアプリは美人局などの犯罪者にとって絶好の狩場だし、もし会って18歳未満の児童との性交渉に及んでしまうと、自身が犯罪者になるリスクもあります。

 

相手の少女が補導される、少女の親の知るなどすれば、大概、こちらの身元につながります。当然、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕されます。快楽は一瞬ですが、その後はバレやしないかと毎日ビクビクしながら生活することになるわけですね。

 

サクラに騙されて数万円のお金を取られるのは、まだマシと言えるかもしれません。犯罪者となれば、失うものが大きすぎますよ。

 

最近ではあのTwitterにも神待ち目的の家出少女達のツイートが沢山あります。でも言うまでもなく、Twitterも非出会い系。18歳未満も簡単に参加できるツールですから、そんなツイートに釣られちゃいけません。

 

神待ち掲示板まとめこんな風に神待ちをうたうサービスに参加しても、何もいいことありません。出会えない極悪サイトに誘導されるのはまだマシで、もっと怖いのは自身が犯罪者になってしまうこと。それまで積み上げてきたキャリアが台無しになってしまうかも…。

 

くれぐれも神待ちには手を出すべからず!ちゃんと年齢認証のある優良出会い系サイトを選んで、大人を相手にするべし!なのです。