YYCの足あと・イイネ!・タイプ・ウインクの使い方と注意まとめ

MENU

YYCの4つのサインを整理しておく

YYCの足あと・イイネ・ウインク・タイプの使い方

YYC(ワイワイシー)にはメールを送る以外にも、足あと・イイネ!・タイプ・ウインクという4つの意思伝達機能(=ここからは勝手にサインと呼びます!)があります。

 

ただ、どう使い分ければいいのか分かりにくい面もあると思います。

 

また、男性の場合、女性からこれらのサインが届いた時、闇雲に相手のプロフを見たり、メールを送ったりすると無駄なポイント消費が多くなります。

 

というわけで、この記事ではYYCの4つのサインの使い方と届いた時の賢い対応について整理しておきます。

 

YYCの4つのサインの特徴と使い方

足あと機能

一般SNSでもお馴染みの機能ですね。足あとは相手に何か気になるところがあったという、ごくごく軽い意味合いのサインです。

 

YYCでは相手のプロフィールや掲示板を見ると、自動的に相手の足あとリストにこちらの情報(写真・ニックネーム・年齢・地域などのごく基本的な情報)が掲載されます。同じように相手がこちらのプロフや掲示板を見ると、こちらの足あとリストに相手の情報が掲載されます。

 

自分の足あとは「残さない」設定にもできますが、男性の場合、出会いのきっかけになる可能性もあるので残す設定にしておくのがオススメ。一方、女性の場合は足あとを残さなくても男性からメールが来ることが多いので、残さない設定もアリかなと。

 

ちなみに同じ相手のプロフィールを100回見たら、足あとが100個付いてストーカーと思われるんじゃないかと心配する方もいるかもですが(←100回はストーカーか…)、最新の足あと1個だけが残る仕組みなのでご安心を。

イイネ!機能

これも今やSNSの定番機能。イイネ!ボタンを押すだけで、相手の「イイネされた」リストにこちらの情報が掲載されます。逆も同様ですね。YYCではプロフィール・日記・つぶやきなどにイイネ!できるようになっています。

 

ただし、無料だけに多くの男性が使うため、女性へのアピール効果は高くありません。とは言え、イイネしてない人よりしている人の方が相手の目に止まる確率は高いし、いきなりファーストメールを送るより、その前にイイネしておいた方が印象に残る可能性は高まります。積極的に使うべし!

タイプ機能

YYCのタイプは相手の顔写真に対して「ルックスが好みっす」という意思をアピールする機能。タイプボタンを押すと相手の「タイプされた」リストにこちらの情報が掲載されます。逆も同様。

 

で、双方向にタイプし合うと、今度は「両思い」リストに掲載されます。両思いになれば、お互いに顔を気に入った状態ですから、高確率でその後のメッセージ交換につながるわけです。

 

ただーし!タイプをする際、業者が混ざっている可能性もあるので、写真だけで判断するのはオススメしません。

 

YYCには「タイプの人を探す」というコーナーがあり(←他の優良出会い系で言う写真検索ですね)、その画面には次のように写真とニックネーム・年齢・地域・職業というごく僅かな情報しか表示されていません。

 

YYCの「タイプの人を探す」コーナー

 

これじゃ、相手がどんな人なのか全く分かりません。その上、この画面からタイプすると20pt=21.6円(1pt=1.08円)消費します。

 

でも、実は普通にプロフィールを見ると、プロフ閲覧料金の10pt=10.8円はかかりますが、そこからタイプするのは無料です。

 

つまりトータル10pt消費で済む上に、ちゃんと趣味・嗜好や利用デバイスなどの大切な情報が掲載されたプロフィール詳細も見ることができるんです。

 

先程の「タイプの人を探す」コーナーの例で言えば、この画面からすぐにタイプしてしまうと20pt消費しますが、その前に…

 

YYCの「タイプの人を探す」コーナー2

 

プロフィール詳細を見てからタイプすれば10pt消費で済むってこと。何とも分かりにくいシステムですが(^_^;)とにかく写真だけで判断せずに、ちゃんとプロフィール詳細を読んでからタイプするべし!と覚えておけば大丈夫です。

 

また、女性からタイプをもらった場合はプロフを見るのに通常の3倍の30pt=32.4円もかかる点にも注意!この件については後に詳しく触れます。うーん…YYCって、こーゆーところも抜け目なく課金してきますね(^_^;)

 

写真に反応する機能なので、当然ながら相手に写真がないとタイプできないし、こちらも写真を掲載していないとタイプされません。

ウインク機能

女性だけが使える機能です。気になる男性に対してウインクボタンを押すと、男性側のウインクリストに情報が掲載されます。僕ら男からすれば、イイネ!よりも強い意思表示と受け取っていいサインです。

サインが送られてきた時の対応

反応する前の3つの心得

ここまで見てきたように、ファーストメールを送る前の下ごしらえとして使えるサインですが、僕ら男が気を付けたいのが、これらのサインを受けた時の対応。というのも、この機能を使ってアプローチしてくる業者・援助・キャッシュバッカーも多いため。

 

喜んで全ての女性のプロフを開いたり(※プロフ閲覧は10pt=10.8円)、全ての女性にメールを送ったり(※メール送信は50pt=54円)していると、ポイントがどんどん減っていくし、質の悪いユーザーへの空砲も多くなります。

 

そこで次の3つの心得を頭に置きながら、返信する相手を見極めることが重要になってきます。

 

  1. 女性側から先に来た場合は基本的に業者・援助・キャッシュバッカーの可能性を疑うべし!
  2. 遠距離の女性は間違いなく業者・援助・キャッシュバッカーのいずれか。無視するべし!
  3. 意思表示の強さは足あと<イイネ!<タイプ=ウインクの順

足あととイイネ!への対応は?

この3点を踏まえて、僕の場合はまず女性側から先に来た足あと&イイネ!にはいちいち過剰反応はしません。というのも、そもそもが足あとやイイネ!は意思表示の弱いサインですから。

 

リストを見て気になるコがいれば、10pt消費してプロフィールを見るぐらいはしますが、仮にプロフを精査してメッセージを送っても、返信にはあまり期待しない方が良いってことです(※相手が業者やキャッシュバッカーなら返信するでしょうが…)。

 

タイプとウィンクへの対応は?

次に、女性から先に送られてきたタイプとウインク。これらにもやはり業者・援助・キャッシュバッカーが多く紛れていますが、一方で足あとやイイネ!より強い意思が込められているのも事実。

 

となると、タイプとウインクをくれたリストの中から業者・援助・キャッシュバッカーを除くことができれば、その後の出会いにつながりやすい濃い女性が残りますね。

 

ただ、タイプの場合はプロフ閲覧に30ptもかかってしまうのが厄介です。そこでおすすめなのが、タイプされたら、すぐにプロフを開くのではなく、その前に足あとリストから相手を特定することです。

 

この時、足あとがなければ、相手は足あとを残さない設定にしてるってこと。足あとを残さずにタイプしてくるのは、高確率で業者・援助・キャッシュバッカーの類なので無視するべし。

 

こんな風に消去法で考えていくと、僕はポイント消費してプロフを見るなら、ウインクを送ってきてくれた女性が最も有力な候補と捉えています。

 

また、タイプにしてもウインクにしても即メールを返すのではなく、ちゃんとプロフィールを精査してから反応することが大事ですね。

 

写真が素人離れした美人だったり、3サイズが書いてあったり、アダルトな内容が書いてあったりする人は高確率で業者・援助・キャッシュバッカーの類。無視が無難です。

 

もしメールするにしても、早めにLINE IDを聞いて断られたら即あきらめる。ダラダラとメッセージ交換を続けて業者らの術中に陥らないように気を付けたいものです。

 

より詳しい業者の見分け方は「優良出会い系にも潜む業者をズバリ見抜け!」にまとめてあるので参照下さいませ。