PCMAXで「いいね!」する時のちょっとしたコツ

MENU

PCMAXのいいね!は押さなきゃ損?

PCMAXのいいね!

いいね!はFacebookはじめ、あらゆるSNSに当たり前のように付いている超定番機能ですが、最近は優良出会い系サイトでも装備するところが増えていますね。

 

ただ、使い方は各サービスによって少し違います。

 

例えば、ハッピーメールのいいね!は有料=10円なので、むやみやたらに押すもんじゃありません(※ただしハピメの場合はプロフ閲覧も写真1枚閲覧も無料ですけどね)。

 

でも、PCMAXのいいね!は無料なので、むやみやたらと使うべきです(^o^)

PCMAXのいいねは押さないと損!

PCMAXの場合、その料金体系から見て、いいね!を押さないとむしろ損な仕組みなんですよね。

 

というのも、いいね!ボタンは相手のプロフィール写真画面か…

 

PCMAXプロフ画像のいいね!ボタン

 

相手のプロフィール詳細画面に設置されています。

 

PCMAXプロフ欄のいいね!ボタン

 

要は写真を見ると3P=30円、プロフ詳細を見ると1P=10円消費するわけで、お金を使ったからには、よほどお気に召さない相手じゃない限り、取りあえず「いいね!」を押しておくべきなんです。

 

ちなみに、ハッピーメールでいいね!を押すまでにかかる料金と比べてみると次の通り。

 

サイト名 写真閲覧 プロフ閲覧 いいね!
PCMAX 30円 10円 無料
ハピメ 無料 無料 10円

 

こうしてみると、PCMAXではいいね!を押さないと損という意味が分かると思います。ハピメの場合は写真もプロフも閲覧無料だし、無理に10円消費していいね!する必要ないんですけどね。

 

アプリ版なら無料という情報は間違い

また「PCMAXアプリ版なら写真一覧からタップして写真画面に行ってもプロフ詳細を見ない限り無料なので、いいねするならアプリ版からがいい」と書いてある情報を見かけますが…

 

実際にはそんなことありませぬ。

 

アプリ版でも、写真一覧からタップした時点で3P=30円消費(見るチケットを持っていればチケット1枚消費)するので、気をつけて下さいね。

 

PCMAXのいいね!に効果はある?

いいね!を押すと、相手に通知が届き、相手側の「いいね!されたリスト」に表示されます。ただし、いいね!自体には正直、大した効果は見込めません。

 

女性がもらっている「いいね!」数を見ると分かりますが、登録したばかりの子を除くと、ある程度のルックスのコは数百もらってます。中には1000以上のコも…。

 

PCMAXで1000以上のいいね!をもらっているコ

 

これ、数百人中の1人、千人中の1人ってことですから、いいね!したからと言って、何かこちらにアクションを返すほどのインパクトはないんです。

 

むしろ、いいね!しないと、余計に埋もれてしまうので、とりあえず押しておくという気休め程度の効果と考えた方がいいかも。どうせ無料ですしね。

 

いいねをもっと効果的に使うには?

弱いパンチ…

と言っても、弱いパンチも使い方によっては役に立つもんです。

 

まず、相手がもらっている「いいね!」数を見れば、競争率がある程度分かります

 

500いいね!もらっている人気会員よりも、10いいね!しかもらっていない相手にメールした方が、ライバルが少ないだけに返信率は当然高くなります。相手選びの指標に使えるんです。

 

また、いいね!してから時間がたってしまうと、大勢のライバル達に埋もれて、ほぼ何の効果も無くなってしまいます。

 

ですから、特に気になる女性には、いいね!してから時間を置かず、すぐメールすることが大事。メールだけ送るより、いいね+メールの方がほんの少し目立つ可能性があるわけですね。

 

で、メールを送らない相手に対しては、取りあえず「いいね!」は押しておいて、その後の反応を見る。

 

万が一、相手からもいいね!が返ってくれば、こちらから「いいね!ありがとうございます!」で始まるファーストメールを送ると返信率は高めになります。

 

相手から足あとが付けば、やや強引ですが、それをきっかけにファーストメールを送る作戦も1つですね。

 

こんな風に、特に気になるコを攻める時はいいね!とセットでメールする、それほどでもない相手に対してはいいね!しておいて反応を見るという使い方がおすすめですよ。

 

まとめPCMAXのいいね!は無料なので押しまくるべし。画像やプロフを見た時点でptを消費しているだけに、押さないと逆にもったいないです。また、少しでも効果を大きくするにはいいね+メールがおすすめ。あとは競争率の予想にも使えます。上手に活用するべし!

 

NEXT のぞき見マル秘データ活用法